【安全性を要確認】中古クレーン車を選ぶ時の注意点を大公開

現場作業用車両の中古事情

工事現場

働く車は中古でも人気です

一般家庭や社用車としてよく使われている普通自動車や軽自動車だけでなく、中古クレーンや中古ダンプといった働く車も中古車市場では大変人気です。新車での購入には普通自動車や軽自動車に比べて格段にお金がかかってしまう反面、中古ならお得な価格で購入できるといった部分が人気の主な理由となっています。中古クレーンは買う側だけでなく売る側も高値で売れやすいと人気があります。国産の中古クレーンは海外の類似している中古クレーンに比べて買取額が高いので、10年以上現場作業で使った車両でも相当な金額で売れる可能性が高いからです。なぜ国産の中古クレーンの買取金額が高いのかというと、日本産の大型特殊車両は故障率が極めて低く国外に輸出することで高値でリリースしやすいためです。逆に日本国内では故障率が低く十分に動く中古クレーンを安く買えるようになっていることから、中古クレーンを購入して現場で使い必要なくなったら輸出用に売るというサイクルがとりやすくなっています。中古クレーンは新オーナーにとってお得に売り買いしやすい作業車両だと言えるのでしょう。一般道を走る自動車と違い、車検の残り日数が買取金額に影響を与えにくいといった点も中古クレーンの人気に繋がっています。トラックの荷台に乗せて運ぶ中古クレーンや中古ショベルカーは、行動走行許可をとる必要がないので車検も受ける必要がありません。車検費用がかからないのも売買時に重要視されるますので記憶しておいてください。