【安全性を要確認】中古クレーン車を選ぶ時の注意点を大公開

クレーン

用途がいろいろある

クレーンは用途がいろいろあるので必要なら中古を購入しておきましょう。中古クレーンは新品よりも断然安く手に入れられます。また、中古でも新品同様、まだまだ使えるものも多いためお得です。専門業者からの購入をお勧めします。

重機

売ってしまった方がお得

工事現場や建築現場などで使われている重機は処分にお金がかかります。要らなくなったら専門業者に買い取ってもらった方がお得です。特に高価買取りをしてくれると評判の業者を探すことをお勧めします。ネットの口コミが参考になります。

工事現場

現場作業用車両の中古事情

中古クレーンは安く買える上に高く売りやすいといった部分から、国産車両が人気でよく売買されています。人気の理由は海外に輸出することで高値で売却できることと、公道を走らない場合車検を受ける必要がないので費用節減になることが大きく影響しています。

クレーン

重機の処分に困ったら

中古クレーンは日本では廃棄と思っても、世界ではまだ使えるとして需要があります。日本の重機はそれほどの価値と高品質なのです。廃棄するのではなく買い取り業者に査定してもらうと、経費削減につながります。また名義変更などの手続きも業者が行うので、業務に支障なく中古クレーンを処分できます。

重機

専門機械は専門業者に

重機を処分するのであれば地元の業者よりも全国対応の専門業者に依頼するのが高価買取りが期待できます。全国対応の専門業者が高価買取りできる理由としては重機の販路チャンネルが広いためで国内での中古重機としての販売のほか海外への輸出といった手段で価値を付けるためです。

購入時に気をつける点

工事現場

安全性が大事です

工事現場や建設現場で使う中古クレーンの購入を検討している業者の方も多いかと思います。しかし、中古クレーンを購入する際、中古のトラックや他の中古の業務用車両を購入する場合よりも気をつけておくべき点が2点あります。1点目は、購入する中古クレーンが正常に動くか事前にチェックしておくことです。特に、クレーンが止めたいタイミングできちんと止まるか、制御は効くかという点はしっかりチェックしておきましょう。クレーンが滑らかに動くかという点も大事ですが、いざという時のためにきちんと安全停止の制御ができるかという点も非常に大事です。クレーンは特に安全性が問われますので、動作の制御が効くということは確実に確認しておきましょう。気をつけるべき点の2点目は、購入対象の中古クレーンの点検整備記録簿を確認しておきましょう。記録簿の内容を確認しておくことにより、本当に安全に乗れる乗り物かどうかの区別ができます。いくら安くても安全性に問題があっては、全く割に合いません。1点目でも述べましたがクレーンは安全性がとにかく大事であり、事故が起こってからでは遅いので、点検整備記録簿はきちんと確認しておきましょう。販売開始日から日が経過していない中古クレーンの場合、記録簿の内容が薄い場合もありますが念のため確認しておきましょう。以上、中古クレーン購入の際に気をつけるべき点を2点述べました。参考にして頂き、安全性に問題のないベストな中古クレーンを購入するようにしましょう。